遺伝よりは環境が重要

将来ハゲになるのか心配

親や祖父が薄毛だと、自分もいつか同じように薄毛になるのでは?
そういった不安が頭をよぎる方も多いようです。

たしかに、薄毛に限らずあらゆる場面で遺伝します。
しかし、その確率は100%ではなく可能性が高いだけです。
近親者が薄毛だからといって、必ずしも薄毛になるわけではありません!

正確には薄毛が遺伝するのではなく、薄毛になる体質が遺伝する可能性があるのです。

男性特有の薄毛である男性型脱毛症(AGA)のメカニズムは、今世紀に入り解明されています。
確かに男性ホルモンなどは遺伝要素が高く、それによってAGAを発症する可能性は高いといえます!
ですが、本人の努力によっては未然に防ぐことが出来たり

遺伝による影響もハゲの原因

発症するまでの期間を遅らせることが十分できます。

また、環境も異なるため一概に家系が薄毛体質だからといって
必ずしも同じように薄毛になるわけでありません。
薄毛になりやすい体質というだけあって、毛が抜けやすいといったことではありません。たとえば、ストレスに弱かったりすることも体質といえます。

薄毛になっている原因は、メカニズムは分かっていても
それに至る要因は、数多くあるのです!

だから、科学が進んだ現代でもAGAが完全に完治することがないのです。
むしろ、ハゲることを気にすることで薄毛を促進させている方もいます。
薄毛を諦めず努力しても結果が伴わない場合は、遺伝による可能性が高いのですが
それ以外は、諦めることはありません!

遺伝による薄毛は、可能性としては低いのです!
それよりは、生活環境やケアの仕方によって改善する可能性が十分あるのです!

生え際の発毛・育毛剤トップへ