生え際が後退するメカニズム

生え際が後退する理由のひとつに体内にある男性ホルモンが強く影響しています。
特に多いのが、男性型脱毛症(AGA)と言われる症状です。

男性特有のAGAの症状

実は、男性だけではなく女性にも加齢とともに発祥することがあります。
しかし、同じAGAでも男女で大きく異なるのは薄毛の症状です!

男性の場合、生え際や頭頂部が薄くなりますが
女性は頭頂部だけが薄くなり、生え際は症状が殆ど現れないのです。

この差こそが、男性ホルモンである「テストステロン」が影響しています。

M字型脱毛の場合、テストステロンが前頭部の毛乳頭の中に含まれている
「U型5α-リダクターゼ」と結合することによって、毛の成長を阻害してしまうことが原因です。
毛の成長を止めてしまう犯人は、「FGF-5」と言われる脱毛遺伝子です。

脱毛因子

これが毛周期を乱れせ、脱毛を促進してしまいます。

つまり、M字型脱毛を防ぐには「テストステロン」を抑制する必要があり
通常の育毛剤や発毛剤ではM字禿げを克服するのは困難なんです!

そこで有効となるのが
男性ホルモンに作用するといわれる女性ホルモンです。

男性ホルモンの活動を抑えることができ結果、FGF-5の生成を防ぐことができます。
このような働きをする成分が含まれているのが、「薬用プランテル」なのです。

生え際の発毛・育毛剤トップへ